• 毛利仁洋

Doing Business Index 2020

世界銀行が2019年10月24日に公表した、Ease of Doing Business Index 2020によると、インドは、前年から14位順位を上げて63位となりました。5年前の2014年には142位でしたので劇的に向上していることがうかがえます。


ランキングを上げた主な要因は、建設許可、電力供給、倒産破産制度、国際間取引の分野です。2014年に国民会議派からBJPに政権が以降し、モジ首相の下、日本で言うと経済産業省に当たる省庁が主導し、様々な改革(過去5年で27改革)を行った成果と見ることもできます。


ところで、日印包括的経済連携が2011年に締結されて間もなく10年になりますが、協定発効後10年間で往復貿易額の約94%の品目が関税撤廃されます。既に100%外資が自動認可される事業分野が拡大されており、ビジネスのしやすさランキングの向上と合わせて考えると、今後、日本企業がインドで事業展開を行う上で強力な支援となりうると思います。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

インドの「2020-2021予算案」(8)

農業関連の次は健康・水・衛生です。 ・2025年迄に結核を根絶する。 ・2024年までに各州及び連邦直轄領に2000の内科病院と300の外科病院をつくる。 ・健康医療部門に、6900億ルピーの予算をあてる。 ・クリーン・インディア・ミッションのために1230億ルピーの予算をあてる。 ・すべての家庭に水道を通すために3.6兆ルピーを予算を認可し、2020-2021には1150億ルピーを予算としてあて

インドの「2020-2021予算案」(7)

各論の第一は農業・灌漑及び地方開発です。 政府は2022年までに農家の所得を倍増する目標に取り組んでいる。 2020-2021の予算は2.83兆ルピーであり、内訳は、農業・灌漑に1.6兆ルピー、地方開発に1.23兆ルピーとなっている。 農業には漁業も含まれており、2025年までに漁獲輸出高を1兆ルピーに増やすという目標も掲げています。

インドの「2020-2021予算案」(6)

財務大臣は、演説の前段を、次のような言葉でまとめています。 本予算案はすべてのインド市民に「暮らしやすさ」を提供することを目的としている。先に紹介した3つのテーマ、「意欲的なインド」「経済的発展」「思いやりのある社会」は「暮らしやすさ」の花束の花々だ。この花束を持つということは、一方の手に汚職のない政策志向の統治、もう一方の手に透明性のある健全な金融部門を持つということだ。 そして、締めくくりに、