• 毛利仁洋

BJP 2019マニフェスト公表


本日(2019年4月8日)、インドの政権与党であるBJPが2019年のマニフェストを公表しました。


「13億人の新しいインドの夢」と題しているところは「アメリカン・ドリーム」や「中国の夢」を意識した言葉のようにも思えます。


マニフェストの第1に「国防と安全保障」が出てくるところは日本とは優先順位が全然違うことを感じます。


第2は、「農業と農家の幸福ー農家の所得倍増」ですが、選挙民の多くは農業従事者ですので、重要な施策です。


第3は、「世界第3位の経済大国としてのインド」です。2025年迄に5兆ドル、2032年迄に10兆ドルの経済規模を目標としています。まさに、インドは高度経済成長の入り口に立っていると言えるでしょう。


そして、「インフラ整備」「健康・医療」「統治機構の改革」「若者」「教育」「女性の活躍」「包括的な発展」「文化遺産」「外交」と続きます。


「外交」では、「ロシア・中国・インド」、「日本・アメリカ・インド」、それぞれの中での相互交流を強めるという辺りは、全方位的な外交による国益追求というしたたかさが感じられます。


今回のマニフェストでは、インド独立75周年の2022年迄に実現する75の公約を掲げていますが、実現する頃にはインド国民も貧困から脱出しより豊かな生活を享受することでしょう。


しかし、大事なことは政府の施策だけではなく民間企業の活躍です。経済が拡大するインド経済は日本の起業家や企業家にとってますます活躍の場が提供されていると見ていいでしょう。


(参考:BJP Manifesto 2019)


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

インドの「2020-2021予算案」(8)

農業関連の次は健康・水・衛生です。 ・2025年迄に結核を根絶する。 ・2024年までに各州及び連邦直轄領に2000の内科病院と300の外科病院をつくる。 ・健康医療部門に、6900億ルピーの予算をあてる。 ・クリーン・インディア・ミッションのために1230億ルピーの予算をあてる。 ・すべての家庭に水道を通すために3.6兆ルピーを予算を認可し、2020-2021には1150億ルピーを予算としてあて

インドの「2020-2021予算案」(7)

各論の第一は農業・灌漑及び地方開発です。 政府は2022年までに農家の所得を倍増する目標に取り組んでいる。 2020-2021の予算は2.83兆ルピーであり、内訳は、農業・灌漑に1.6兆ルピー、地方開発に1.23兆ルピーとなっている。 農業には漁業も含まれており、2025年までに漁獲輸出高を1兆ルピーに増やすという目標も掲げています。

インドの「2020-2021予算案」(6)

財務大臣は、演説の前段を、次のような言葉でまとめています。 本予算案はすべてのインド市民に「暮らしやすさ」を提供することを目的としている。先に紹介した3つのテーマ、「意欲的なインド」「経済的発展」「思いやりのある社会」は「暮らしやすさ」の花束の花々だ。この花束を持つということは、一方の手に汚職のない政策志向の統治、もう一方の手に透明性のある健全な金融部門を持つということだ。 そして、締めくくりに、