• 毛利仁洋

インドの「2019-2020暫定予算」12


21 税に関する提案


・年間所得50万ルピー以下の個人は課税されない。結果的に、所定の貯蓄や保険に加入すると、総所得65万ルピー以下の個人には課税されない。それに加えて、20万ルピー迄の住宅購入資金借入に関する利息、年金加入料、医療保険、年長者の医療費等の控除により、65万ルピー超の所得がある個人も税金を払う必要がなくなる。これによって、約3,000万人の自営業者、小規模事業者、給与所得者、年金生活者等の中間層の国民に1,850億ルピーの恩恵が与えられる。


・給与所得者の標準控除は4万ルピーから5万ルピーに引き上げられる。これにより、3,000万人以上の給与所得者と年金生活者に追加的に470億ルピーの税務上の恩典が与えられる。


・現在、一つ以上の家屋に居住する場合、概念的家賃に対して所得税が課されているが、中間層が仕事や子供の教育、親の介護のために2つの家屋を維持することが困難であることから、2つ目の家屋に対する概念的家賃に対する所得税を免除することを提案する。


・利子に対する源泉税がかかる預金の下限を1万ルピーから4万ルピーに引き上げる。家賃に対する源泉税がかかる下限を18万ルピーから24万ルピーに引き上げる。


(了)

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

インドの「2020-2021予算案」(8)

農業関連の次は健康・水・衛生です。 ・2025年迄に結核を根絶する。 ・2024年までに各州及び連邦直轄領に2000の内科病院と300の外科病院をつくる。 ・健康医療部門に、6900億ルピーの予算をあてる。 ・クリーン・インディア・ミッションのために1230億ルピーの予算をあてる。 ・すべての家庭に水道を通すために3.6兆ルピーを予算を認可し、2020-2021には1150億ルピーを予算としてあて

インドの「2020-2021予算案」(7)

各論の第一は農業・灌漑及び地方開発です。 政府は2022年までに農家の所得を倍増する目標に取り組んでいる。 2020-2021の予算は2.83兆ルピーであり、内訳は、農業・灌漑に1.6兆ルピー、地方開発に1.23兆ルピーとなっている。 農業には漁業も含まれており、2025年までに漁獲輸出高を1兆ルピーに増やすという目標も掲げています。

インドの「2020-2021予算案」(6)

財務大臣は、演説の前段を、次のような言葉でまとめています。 本予算案はすべてのインド市民に「暮らしやすさ」を提供することを目的としている。先に紹介した3つのテーマ、「意欲的なインド」「経済的発展」「思いやりのある社会」は「暮らしやすさ」の花束の花々だ。この花束を持つということは、一方の手に汚職のない政策志向の統治、もう一方の手に透明性のある健全な金融部門を持つということだ。 そして、締めくくりに、