• 毛利仁洋

イノベーティブなカルナータカ州

11月14日、ソニーは世界で7番目の研究開発拠点をインドのバンガロールに2020年に開くことを発表しました。その後、複数の拠点を開設する予定です。ソニーのニュースリリースによると、AIの応用研究人材を中心に採用し、多様な技術系人材を育成し、多様な研究開発を促進することで、ソニーの存在意義をインドで追究することになります。

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201911/19-117/

バンガロール(ベンガルール)は、IT系産業の集積地という連想を抱かせるほど、インドの中でイノベーションに富んだ都市として知られています。バンガロールが所在する州はカルナータカ州ですが、この州名はあまり馴染みがないかもしれません。

今年初めて公表された州別イノベーションランキング(インド政府とインド競争研究所の合同調査)では、このカルナータカ州が主要州のなかで1位になっています。インド北東部の州や連邦直轄領を含めたところでは、デリー連邦直轄領に次いで2位です。

この州別イノベーションランキングは258ページにもなる詳細な分析が記載され、チャート、グラフ、表、地図等を使って州毎のイノベーション度合いを緻密に表しています。インドで事業展開しようとする企業にとっては、事前研究資料として必須のものと言えるでしょう。ぜひ、ご参考とされてください。

http://www.competitiveness.in/wp-content/India_Innovation_Index_Report_2019.pdf


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

インドの「2020-2021予算案」(8)

農業関連の次は健康・水・衛生です。 ・2025年迄に結核を根絶する。 ・2024年までに各州及び連邦直轄領に2000の内科病院と300の外科病院をつくる。 ・健康医療部門に、6900億ルピーの予算をあてる。 ・クリーン・インディア・ミッションのために1230億ルピーの予算をあてる。 ・すべての家庭に水道を通すために3.6兆ルピーを予算を認可し、2020-2021には1150億ルピーを予算としてあて

インドの「2020-2021予算案」(7)

各論の第一は農業・灌漑及び地方開発です。 政府は2022年までに農家の所得を倍増する目標に取り組んでいる。 2020-2021の予算は2.83兆ルピーであり、内訳は、農業・灌漑に1.6兆ルピー、地方開発に1.23兆ルピーとなっている。 農業には漁業も含まれており、2025年までに漁獲輸出高を1兆ルピーに増やすという目標も掲げています。

インドの「2020-2021予算案」(6)

財務大臣は、演説の前段を、次のような言葉でまとめています。 本予算案はすべてのインド市民に「暮らしやすさ」を提供することを目的としている。先に紹介した3つのテーマ、「意欲的なインド」「経済的発展」「思いやりのある社会」は「暮らしやすさ」の花束の花々だ。この花束を持つということは、一方の手に汚職のない政策志向の統治、もう一方の手に透明性のある健全な金融部門を持つということだ。 そして、締めくくりに、