新着情報

「BJPのマニフェスト」3

3回目は「インフラ整備」です。 20. すべての世帯に上質な家を提供 21. すべての地方の貧困世帯にLPGガスボンベを提供 22. すべての世帯に電気を提供 23. すべての国民が確実に銀行口座を持てること 24. すべての世帯にトイレを提供...

「BJPのマニフェスト」2

次の項目は「若者と教育」です。いよいよ2020年から本格的な人口ボーナス期に入るインドにとって、教育と雇用創出は最大の課題と言えるでしょう。マニフェストでは、次のような目標が並びます。 13. すべての中等学校を、「すべての教室に電子黒板を2022年迄に」という「電子黒板運...

「BJPのマニフェスト」1

インド人は数字に強いと言われていますが、政権与党BJPの下院議員総選挙のマニフェストもまた数字を使って国民の心に訴えることを狙っているように見えます。 題して、インド独立「75」周年の2022年までに実現する「75」の目標。 何回かに分けてご紹介します。...

インド国民会議のマニフェスト

インドでは、先週から1か月以上に及ぶ下院議員総選挙が始まっています。 インド国民会議が公表したマニフェストで目を引くのが、いわゆるベーシック・インカムです。 マニフェストでは、一世帯当たり年間72,000ルピーを支給、目標は全世帯の20%である5,000万世帯とあります。予...

BJP 2019マニフェスト公表

本日(2019年4月8日)、インドの政権与党であるBJPが2019年のマニフェストを公表しました。 「13億人の新しいインドの夢」と題しているところは「アメリカン・ドリーム」や「中国の夢」を意識した言葉のようにも思えます。...

インド中央銀行の利下げ

2019年4月4日、インド中央銀行(RBI)は、2か月毎に公表される金融政策において、政策レポレートを0.25ポイント引き下げて6%にすることを決定しました。 この決定に至った主要な要因として、①先進国(米国、ヨーロッパ、英国、日本)の経済の減速、②新興国(中国、ロシア、ブ...

インドの「2019-2020暫定予算」12

21 税に関する提案 ・年間所得50万ルピー以下の個人は課税されない。結果的に、所定の貯蓄や保険に加入すると、総所得65万ルピー以下の個人には課税されない。それに加えて、20万ルピー迄の住宅購入資金借入に関する利息、年金加入料、医療保険、年長者の医療費等の控除により、65万...

インドの「2019-2020暫定予算」11

20 2019-2020及びそれ以降の財政プログラム ・2019-2020年度の財政赤字はGDP比3.4%を上限とする。2018-2019年度の財政赤字はGDP比3.3%を維持した。農家への収入支援のため2018-2019年度は4,000億ルピーであったが、2019-202...

インドの「2019-2020暫定予算」10

19 次の10年間のビジョン ・5年後の5兆ドルの経済規模、8年後以降の10兆ドルの経済規模を目指す。 ・インド精神においては、何事も良き事は与え、種を蒔き、創造し、10の方向に良い影響を与えると考えられている。それゆえに、2030年の最も重要な10の次元に関するビジョンを...

インドの「2019-2020暫定予算」9

17 関税と貿易 ・36の資本財の関税を廃止し、資本財、製造部品、輸出に関する免税を導入し、関税第65条の下での一か所のみでの入管手続きを導入した。インド関税は輸出入包括的なデジタル化を導入した。 18 ブラックマネーの廃貨...

インドの「2019-2020暫定予算8」

16 消費者と事業者に恩恵を与える間接税(GST)改革 ・前政権の約10年間、間接税(GST)改革は先延ばしされていたが、現政権は独立以来最大の税制改革を成し遂げた。中央政府と州政府による17の異なる種類の税金が税金の上にさらに税金がかかるという状態から一つのGSTに統合し...

インドの「2019-2020暫定予算」7

15 直接税の制度簡素化 ・納税者の生活を楽にするために、中間層の税率を下げ、税務当局とのやり取りを簡素化し無人化した。これによって、2013-2014年度の税収6.38兆ルピーから今年は12兆ルピーに増えた。納税申告書の提出件数は3,790万件から6,850万件に年率80...

インドの「2019-2020暫定予算」6

11 国防強化と安全保障 ・「同じ階級の軍人には同等の年金を」という軍人からの要望は40年間保留にされ、前政権では2014-2015暫定予算でわずか30億ルピーが認可されたにすぎなかった。しかし、現政権は既に3,500億ルピーを支給した。海軍と空軍の危険任務に就く者に対して...

インドの「2019-2020暫定予算」5

8 女性の地位向上 ・地方の女性が家事で健康を害さないように8,000万の無料LPガス設備を提供し始め、既に6,000万供給した。 ・起業のための無担保融資の便益を受けている者のうち70%は女性である。26週間の産休に入った女性が次の職を探す間、財政的支援を提供している。...

インドの「2019-2020暫定予算」4

7 労働者の尊厳 ・過去2年間の経済の安定と雇用創出によって約2,000万人の雇用が増加した。 ・新年金スキームでは労働者の10%負担と政府負担を4%に増加し合計14%となった。対象者は月額10,000ルピー以下から21,000ルピー以下の労働者となった。退職金は100万ル...

インドの「2019-2020暫定予算」3

6 農家の所得増加 ・農家の所得を倍増するため、22の全収穫物をコストの50%増しで支援する固定最低支援価格を歴史上初めて導入した。 ・2ヘクタールまでの農地を有する農家には毎年6,000ルピーの直接的な所得支援が年3回に分けて銀行口座に支払われる。約1.2億の農家がこの恩...

インドの「2019-2020年暫定予算」2

3 贈収賄に対する取り組み ・贈収賄のない透明性のある政府を目指した。2016年不動産法と1998年匿名取引法は不動産業界の透明性を促進し、2018年経済的逃亡者法は法の抜け穴からすり抜けた経済的犯罪者の資産を押収することを進めた。 4 衛生...

インドの「2019-2020年暫定予算」1

2019年2月1日に行われた財務大臣代理議会演説「2019-2020年暫定予算」について、数回に分けて内容を紹介いたします。 1 経済状態 ・現在、インド独立75周年である2022年までに、テロリズム、ヒンドゥーとイスラムの対立主義、カーストによる差別主義、汚職と腐敗、縁故...

1
2