起業,開業,独立,会社設立,法人成りは栃木県の森会計事務所へ。定款作成,許認可, M&A,株式公開,資金調達,補助金,助成金,融資のご相談まで、ワンストップでご対応いたします。

メリット・デメリット

一般的な企業   合同会社(LLC)

 

会社設立のメリット

会社設立のメリットをご説明します!

起業に際しては、個人事業主になるのか、それとも法人の形態をとるのか、いずれかを選択することになります。
個人と法人のメリット・デメリットを考えてみましょう。
多くの個人事業主の方は、会社をつくることでメリットが得られます。
ただし、全員がメリットを得られるとは限りませんので、事前に確認しておく必要があります。

  1. 税金が安くなる
  2. 取引先の信用を得られる
  3. 金融機関からの融資が受けやすくなる
  4. 事業の継続が楽になる
  5. 責任の範囲が狭くなる

会社設立のメリット

 

会社設立のデメリット

会社設立のデメリットをご説明します!

  1. 赤字でも税金がかかる
  2. 交際費が一部経費にならない
  3. 帳簿が複雑化し、事務処理コストが上がる

会社設立のデメリット

 

▲ページのトップに戻る

 

合同会社(LLC)設立のメリット

会社設立時にかかる費用が安い 

株式会社の場合は、設立登記の際に登録免許税が15万円、公証役場で定款を認証する際に5万円程度の手数料がかかります。
合同会社(LLC)の場合は登録免許税が6万円で、定款の認証手続が必要ありませんので、設立時にかかるコストを大幅に抑えることができます。

会社の機関(役員、株主総会等)に関するルールがない

株式会社の場合は、取締役1人と株主総会は必ず設置しなくてはいけないなど、会社の機関に関するルールが多く存在します。
合同会社(LLC)の場合は、社員(LLCに出資をした人)全員の意見をもとに会社の業務を執行することもできますし、一部の社員に業務の執行をまかせることもできます。

自由に配当を決めることができる 

株式会社は会社に利益が生じた場合、会社に出資した割合に応じて、利益を分配しなければいけません。
合同会社(LLC)の場合は、出資の割合とは関係なく、自由に利益を分配することができます。

決算公告が不要 

株式会社の場合は、毎年会社の決算を公告する必要があります。公告の方法としては、官報や日刊新聞に掲載する方法、電子公告(インターネット等)による方法と選択肢がありますが、いずれも多かれ少なかれコストと手間がかかります。
合同会社(LLC)の場合は、決算を公告する義務が課されていませんので、費用と手間を軽減することができます。

役員の任期に関する定めがない 

株式会社の場合は、役員の任期は最長10年間までと定められています。そして任期が満了した際は、必ず変更のための登記が必要となり、登録免許税1万円(資本金が1億円を超える場合は3万円)がかかります。なお、この登記を怠った場合は、罰金を課されることになります。
合同会社(LLC)の場合は、もともと任期に関する定めがありません。

合同会社設立(LLC)のデメリット

社会的認知度が低い 

合同会社(LLC)は、平成18年5月に新会社法が施行された際に新しく生まれた会社形態です。設立される数は次第に増えてきましたが、社会的認知度がまだ低いことは否めません。

会社の機関(役員、株主総会等)に関するルールがない 

株式会社は、会社の所有は株主、業務執行は取締役と所有と経営が分離されています。合同会社(LLC)は「LLCに出資をする」=「LLCの業務を実際に行う」ということになります。
なお、LLCの業務執行は、原則として、出資した人の過半数をもって行われます。 とはいえ、社員が2人以上いる場合は、定款や他の社員の委任により、業務を執行する社員を定めることも可能です。その場合、業務執行社員が業務を行うこととなります。

▲ページのトップに戻る

起業までの流れ

許認可について

資金調達について

事業プランを立てる

個人と法人の特徴

個人開業

法人開業

お問合せフォームへ